2nd Noteの重要性

曲のテンポはどこで規定されるか。
それは常に、そのフレーズの「2つ目の音(2nd Note)」である。

楽譜上に例えば「4/4拍子で、4分音符が1小節内に4つ」あったとする。
このメロディ(フレーズ)のテンポを決めるのは、「2つ目の4分音符」なのである。

「rit.」や「rall.」、または逆に「a tempo」を表現したい時なんかも、そのテンポの変わり目の「2nd Note」で
全てが決まる。録音してよく聞く、できればスローで分析なんかできると、よくわかる。

少し違った側面の話として、「8分3連符」なのか「付点8分+16分音符」なのか、という吹きわの際にも、やはり「2nd Note」が大きく関わってくる。「2nd Note」をタイミング的に「どこに置くか」で、「3連符」なのかどうかが変わってくるのである。

この点に少し気をつているだけで、「リズム感ゼロ」からは少なくとも脱出できるのではないかと思う。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です