参考音源

初見の曲に対峙する際、その曲のプロによる演奏を聴くか否か、という話。

聴いてしまえば曲の概要はいち早く掴め、「とりあえずその曲を演奏する」近道になるのでは、と思われる。
聴かなければ、その曲を深く知るための手段は目の前の楽譜だけとなり、指揮者はもとより、各プレイヤーに、より深く詳細な読譜が要求される。

最後の結果はどうなるだろう。
前者は、早くに「曲の完成」という意味でゴールに近づくのかもしれない。ただ、そのクオリティの「上限」はまさに参考音源の演奏そのものなのかもしれない。
後者は、曲の完成までにもしかすると前者の数倍、時間を要するかもしれない。ただ、その曲の1音1音を、作曲者の思想を回顧しつつ、再現するかもしれない。

この差は好みだ。
世の中の音楽はどちらも存在する(感覚としては前者が優勢な気がする)。

ちなみに私は前者である。
前者と後者のメリット・デメリットを理解・把握したうえで、前者を試みる。
なので「上限」は参考音源を超えたいと常日頃から思っている。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です